見た目・美肌をもっと素敵に、いつまでも潤いのある肌に!

ライフプラス 美肌 見た目
 日本三大うどんにあげられる大澤屋の水沢うどん

たかがサプリメント されどサプリメント
ライフプラス社の紹介
ライフプラス製品の紹介
演奏者におすすめのライフプラス製品
見た目は大事
ライフプラス製品の注文はASAPで
HARMONYへ代行注文
ライフプラス製品のQ&A
ライフプラス製品の感想















 

サプリメントの紹介Q&A

バランスのとれた食事を摂っていても、サプリメント(栄養補助食品)は必要なの?
 必要だと考えます。現在のわたしたちの生活環境は汚染された空気を吸い、塩素入りの水を飲み、穀物や野菜は農薬にまみれ、食料品のほとんどに合成化学物質が混入され、日々身体の中に蓄積されています。また、携帯電話の普及等に伴う電磁波の影響、ストレスがたまりやすい社会環境、ストレス等からくる過剰な飲酒や喫煙、紫外線や放射線の影響、薬漬けの医療体制による免疫能力の低下や副作用等々、健康でいられるのが不思議な環境で生きているのではないでしょうか。

 最悪の環境にあるからこそ、昔以上に栄養バランスのとれた食事をし、免疫能力を高める必要があるのですが、痩せた土壌で化学肥料によって育てられた野菜や果物は、ビタミン・ミネラルの含有量が少ないのです。たとえば、今の野菜のビタミンC含有量は戦前の10分の1以下だと言われています。現在の食糧事情では、充分な栄養を摂取するのは難しいので、サプリメント(栄養補助食品)の効果的な飲用をお奨めするわけです。さらに活性酸素対策まで視野に入れた本格的なサプリメント(栄養補助食品)をお奨めします。
まだ若いのでサプリメント(栄養補助食品)が必要とは思えないのですが?
 なぜ「成人病」が「生活習慣病」と改正されるまでになったのでしょうか。健康ということに神経を使わなければ健康を維持できない生活環境の中でわたしたちは生きているのです。
今のわたしたちの身体は、化学肥料で育った野菜のようなもので、炭水化物・蛋白質・脂肪の三大栄養素は十分摂取しているので、身体は大きくなりますが、微量元素が不足しているために、アレルギーや病気になりやすく、基礎体力が低下しています。

 病気になったら薬を飲めばいいという感覚では、ますます免疫能力を低下させる結果になり、大病の引き金にもなりかねません。若い頃から免疫能力を高め、丈夫な身体をつくっておくことが大切なのではないでしょうか。
サプリメント(栄養補助食品)が病気を治すの?
 病気を治すのは、人間の身体に備わっている自然治癒力で、サプリメント(栄養補助食品)は治癒力を高める手助けをするものです。もちろん、ひどい痛みや症状が悪化してしまったときには、薬をうまく利用することは大切なことです。
ビタミンを摂れば野菜は食べなくてもいいの?
 野菜そのものの栄養素には、ビタミン・ミネラル・食物繊維などのほかに、まだ発見されていない栄養素(ファイト・ケミカル)が多く入っています。それは通常のサプリメント(栄養補助食品)では補うことはできないものですから、サプリメント(栄養補助食品)は摂っても野菜は必ず食べなくてはなりません
サプリメント(栄養補助食品)を摂れば、食事は通常通りでいい?
 アメリカのサプリメント(栄養補助食品)摂取率は、知識レベルの高い人たちを中心に広がっており、彼らは食事にも気を使っているのが特徴です。健康のためには、食事から立て直さなければ良い結果は得られません。きちんとした食事をしたうえで、足りない量はサプリメント(栄養補助食品)で補う・・・これが本音です。
サプリメント(栄養補助食品)を摂れば、代謝は必ず改善するの?

 サプリメント(栄養補助食品)の補給により、カロリーに見合った量の副栄養素を摂っても、エネルギーにしなければ、カロリーもビタミンも余ってしまいます。その分、身体を動かさなければエネルギーは作れません。しかし、サプリメント(栄養補助食品)を補給したことにより、身体はスムーズに動かせる準備はできています。

サプリメント(栄養補助食品)で摂っているので薬はやめていい?
 サプリメント(栄養補助食品)摂取の目的は、食事では補いきれない分の栄養補給ですから、それで直接病気が治ることはありません。ただし、補給を続けていくうちに代謝が改善され、コントロールがよくなっていく疾病もあります。結果的には病気が治ったというケースも珍しくありません。いずれにしても、薬の量の増減や内服する、しないは、主治医の先生と相談して決めてください。
サプリメント(栄養補助食品)で病気は治る?
 薬とサプリメント(栄養補助食品)の目的はまったく違います。薬は病気そのものを叩くものがほとんどで、その際に健常な部分にも何かしらの作用を及ぼし、これを副作用と呼んでいるわけです。この副作用は場合により、自己治癒能力を落としてしまうこともあります。

 サプリメント(栄養補助食品)の目的は、この自己治癒能力をサポートするわけですから、特に服用している薬と飲み合わせが悪くないのであれば、薬を飲んでいる人はサプリメント(栄養補助食品)を多めに摂ると効果的です。
サプリメント(栄養補助食品)は水道水で摂っていいの?
 水道水には、雑菌を殺すための塩素が入っていますが、この塩素はビタミンも壊してしまいます。もともと、水道水には発がん性を指摘されている「トリハロメタン」の問題もありますし、2000種類にも及び化学薬品を使用しているので、お勧めできません。とりあえず、一度沸かした水なら残留塩素が2〜3%になるので譲歩できますが、できれば浄水器の水か、ミネラルウオーターで摂ったほうが良いでしょう
風邪薬を飲んでいるときは、サプリメント(栄養補助食品)を休んだほうがいい?
 風邪をひいても、サプリメント(栄養補助食品)を休む理由は全くありません。というより、むしろいつもより多めに摂ったほうがよいでしょう。風邪そのものが治るわけではありませんが、自己治癒能力のアップにはサプリメント(栄養補助食品)は重要です。
サプリメント(栄養補助食品)は薬と一緒に摂ったほうがいいの?
 あくまでも薬の摂取時間を優先してください。食後に薬を飲む場合は、食前か食事中にサプリメント(栄養補助食品)を。食前の薬でしたら、食後に摂るべきです。

 薬の中にはビタミンを壊してしまうものがたくさんあります。風邪のときに処方される抗生物質や抗炎症剤・降圧剤・抗高脂血剤・弛緩剤など、数えあげたらきりがありません。疾病の治療に使われている方こそ、ビタミン欠乏になりやすいので、通常より多めにビタミン・ミネラルは補給したほうがよいでしょう。
プロテインや食物繊維はできるだけ多く摂ったほうがいいの?
 プロテインの過剰摂取はアミノ酸の分解産物であるアンモニアがたくさんできるために、大量の水分補給が要求され、カルシウムなどのミネラル不足の原因になります。また、食物繊維も大量に摂ると、フェチン酸を多く含むためミネラルを排出し、ミネラル不足を招きます。サプリメント(栄養補助食品)を摂るときは、全体のバランスが大切になるのです。
ビタミンやミネラルは多く摂れば摂るほど調子が良くなる?
 大量に摂っても効果はあがりません。代謝はバランスが重要ですが、特にミネラルの過剰摂取は慎むべきでしょう。ビタミンは化合物ですから、体内で分解できますので安全領域が広いのです。しかし、ミネラルは最小単位である元素として存在しているため、それ以上分解できないので安全領域が狭いのです。そのため食品としての認可が遅れているのが現状です。
 

Copyright(C) All Rights Reserved, HARMONY since 2010.

                     YOOX.COM(ユークス) イタリア発ヨーロッパNo.1オンラインセレクトショップ